筋肉痛と戦う人のためのサイト

お酒(アルコール)と筋トレの関係

筋トレの効果を望むならアルコールはNG

 

筋トレをハードにしたのであれば、その効果を望みたいところです。

 

しかし、もしもあなたがお酒好きで、筋トレなど、運動を一生懸命した後にアルコール摂取をしたいという方であれば、その量に気を付けてアルコール摂取するようにして下さい。

 

筋トレをした後にアルコールを摂取してしまいますと、それだけ筋トレの効果が弱まってしまうのです。特に、大量の飲酒はすすめられません。

 

筋トレの効果を高めるためにも、アルコールフリー、あるいは適度な量のアルコールを摂取するように心がけてみて下さい。

 

なぜアルコールはいけないのか

 

筋トレした後にアルコールを飲むと、その筋トレの意味がなくなってしまうと言われていますが、それはなぜなのでしょうか?

 

これは、アルコールによって、テストステロンという名のホルモンの分泌量が下がってしまうからです。

 

それでは、このテストステロンというのは、一体何なの?というような疑問が思い浮ぶかと思われますが、このホルモンは、男性ホルモンの一種で、筋肉を成長させてくれ、頑強にしてくれるホルモン物質の事なのです。

 

アルコールによって、このテストステロンの分泌量が低下してしまうと、それだけ筋肉の増強作用も期待できなくなってしまうのです。

 

また、飲酒する事で、「コルチゾル」という物質の量が上昇してきてしまいます。

 

このコルチゾルという物質には、筋肉を分解させる働きがあるので、折角筋トレして身につけようとした筋肉量も、意味がなくなってきてしまうのです。